Menu

写真家ジョージの地球を旅するダイエットブログ

私に合っているのは一日一食ダイエットでした

痩せたいと思い始めたのは中学生の頃からで、この頃からダイエットに興味を持ち始めました。
しかし当時のダイエット法は、健康的なやり方とは言えませんでしたね。
とにかく体重が減ればオーケーだと思っていたので、食べないで痩せるダイエット法ばかり行っていました。

給食はほとんど残して、夜ご飯も食べず朝にヨーグルトとロールパンを食べるだけ。
こんな食生活を続けていれば、体重は落ちるけれど体がフラフラになってしまいます。

次第にめまいが起きるようになって、親に半強制的にダイエットを止められました。
今思えばバカなことをしたと思うのですが、中学生の時って体型が気になるし、私のように危険なダイエットをしている人も多いと思うんです。

高校生になってからは、健康を害するようなダイエットは行わなくなりました。
ただ、ずっと痩せたい気持ちはあったので食事制限は続けていたんです。
炭水化物を極力抜いていたのですが、時々我慢できなくなる時があったんですよね。

特に甘いものが食べられないのは苦痛で、友達とファミレスに行った時に我慢できなくなり、ケーキとパフェをたくさん頼んでしまいました。
一度甘いものを口にすると歯止めが利かなくなって、結局また炭水化物を食べるようになってしまいました。

つまり私のダイエットは、痩せてはリバウンドするの繰り返しだったんです。
数ヶ月程度は続けられるのですが、どこかで我慢しきれなくなり、爆発して食べすぎてしまうんですよね。

そんな人生を送ってきた私ですが、現在ようやく自分に合ったダイエット法を見つけることができたんです。
それは一日一食のダイエット法。
これが健康的かどうかはわかりませんが、少なくとも体重が増加することはありません。

私の場合、朝とお昼を一緒にしたご飯を食べて、午後1時を過ぎたら水以外何も口にしません。
一見つらそうに思えますが、慣れてしまうと一日一食が当たり前になるので、特に食べたい欲求は起こりません。
一食で済ませる代わりに、食事制限は特になく、甘いものも好きなだけ食べています。

ただしカロリー計算だけは欠かさず行うようにしていますけどね。
2000kcalを超えると太るので、一食2000kcalに抑えるように注意はしています。

一日一食ダイエットのメリットは、食事の回数が減ることで調理や後片付けの時間が節約できること。
それに歯磨きも一回で済むので楽です。
面倒くさがりな私には、このダイエットが一番合っているし、長続きしそうな気がしますね。

コメントを残す